入れ歯(総入れ歯、部分入れ歯)

総入れ歯とは、全ての歯が義歯(人工の歯)である入れ歯のことを指します。多くの場合は「歯が1本もない人に使う入れ歯」のことを指して使われていますが、場合によっては歯があるけど見た目は総入れ歯という人もいます。見た目が同じ総入れ歯だとしても、歯があるかないかで使用感は大きく異なってきます。

総入れ歯の特徴。上下で安定感に差が出る

総入れ歯を入れる際、上の入れ歯は上顎に吸着させることで支えますが、下の入れ歯は舌がある分吸着させる面積が少なく、安定感に欠ける傾向があります。顎の骨が少なければ尚更です。
一言に「総入れ歯」と言っても、実は様々な種類があります。その中でも大きく分けると、保険の中で対応可能な“保険診療”
保険診療と比べると値段はかかってしまいますが、その分メリットが非常に多い “保険外診療(自由診療)”
この2つが総入れ歯の種類を考える時の大きな区別となります。
保険診療で作製するか自費診療で作成するかどうかで使用できる材料やそれに伴う治療費は異なります。

保険診療で作る総入れ歯

保険診療で総入れ歯を作成する場合、「レジン」と呼ばれるプラスチックに似た材料で作製するのが一般的です。ピンク色のレジンを歯茎の代わりにし人工の歯を並べます。人工の歯は硬質レジンと呼ばれる硬めのレジンでできたものを使うのが主流となっています。

レジンはプラスチックに似た素材であまり強度がないので、噛んだ時の力に耐えられるようやや厚みを持たせて作られます。そのため、口の中が狭くなり喋りづらい、食べづらいと感じる人もいます。また、目には見えない細かい穴が空いているので吸水性があり、使用しているうちに茶渋などの色がついたり、臭いがついてしまうこともあります。

保険診療のデメリットは、厚みがあること

保険診療ではプラスチックに似た素材で作るため、ある程度厚さをもたせた作りにしないと噛む力に耐えられません。しかし、厚くすることで口の中が狭くなり、喋りにくい、食べにくいと感じる方もいます。また、プラスチックは熱を伝えにくいので大きく上顎を覆う総入れ歯の場合、食事の温度があまり感じられず美味しくないと感じる方もいるようです。

自費診療だと厚みを薄くでき、快適な総入れ歯を作ることが出来る

総入れ歯をなるべく薄く、快適にしたい場合、その素材を丈夫なものに変えることで解決することができます。例えば、上顎を覆う部分を金属にした「金属床義歯」というものです。
金属にするとプラスチックよりも強度があるので薄くしても割れにくくなります。 また、金属は熱の伝わりがいいので食事の温度もより感じやすくなりますし、プラスチックに比べて臭いがつきにくいのも特徴です。
ただし、金属アレルギーがある場合、使えない方もいますので注意が必要です。金属床義歯は使用する金属によって使い心地や費用が異なります。

【コバルトクロム】
例えば「コバルトクロム」「チタン」「ゴールド」がよく使われている素材ですが、1番歴史があるのはコバルトクロムです。熱を伝えやすく、薄くても壊れにくいのが特徴です。

【チタン】
次に、近年増えてきているのがチタンです。チタンはアレルギーの心配が少なく、この中では一番軽いのが特徴です。ずっと口の中に入れておくものなので軽いものの方が違和感も少なく楽に感じるかもしれません。

【ゴールド】
最後にゴールドですが、ゴールドの1番の特徴は生態親和性が高い、つまり体に馴染みやすいことだと思います。金属の中では柔らかく、成形もしやすいです。

金属床のデメリット

ただし、いくら薄くて丈夫な金属床義歯でも、自分の歯茎の形が変わるかもしれない、何かの拍子で壊れてしまうかもしれない、など一生使える保証はありません。
金属床義歯はどれも、破損した場合は修理が難しいので場合によっては作り直しになるかもしれないことを念頭に置いておく必要があります。

入れ歯を固定する装置が内蔵されている「アタッチメント義歯」

アタッチメント義歯は残っている自分の歯を利用して入れ歯を支えます。アタッチメント義歯は残っている歯と、対になる入れ歯の両部分に小さな付属品を取り付け、仕掛けを作った入れ歯の総称です。
アタッチメント義歯にはいくつか種類がありますが総入れ歯に使うものの代表としては「マグネット義歯」があります。残っている歯と、それに対になる入れ歯の部分に磁石を埋め込みくっつけることで入れ歯を安定させることができます。

自分の歯が一本もない時にはインプラントを使うという方法も

分の歯が1本もない場合でも(数本残っている自分の歯を助ける意味でも)インプラントというボルトのようなものを顎の骨に埋め込み、歯の代わりとする方法もあります。

入れ歯を安定させる意味ではとても有用な手段ですが、ボルトを埋め込んだ後も自分の歯と同様にメインテナンスしていく必要があります。また、ボルトを埋め込むために外科手術が必要になり、入れ歯の作成とは別に治療回数や期間がかかることと、健康保険が適応にならないので治療費が高額になりやすいことはデメリットとです。

自分の歯以上に完璧な総入れ歯は存在しません。ですので、総入れ歯を作成する際は、「自分の中で何が大切なのか」を明確にすることが重要です。

  • 食事を楽しみたい
  • 違和感なく装着したい
  • 見た目を良くしたい
  • 費用は出来る限り安くしたい

など自分の中で大切にしたいことを明確にし、優先順位をつけて選んでみてください。

自分の中での価値観が固まったら、今度はそれを歯科医院側にしっかりと理解してもらいましょう。どんなに歯科医師や歯科技工士の腕が良くても、1度で完璧な入れ歯が仕上がることは少ないです。

出来上がった後も調整が必要になるうえに、定期的に点検をして、必要があれば修理や調整を繰り返すことで自分に合う入れ歯に仕上がっていくと思うので、諦めてしまわずに調整に通うことも必要なことだと思います。

日髙歯科