むし歯治療

虫歯の治療

虫歯を治したいけれど治療費が心配な方も多いのではないでしょうか。虫歯の治療費は主に保険診療内の治療と自費診療とに分かれます。実は、虫歯治療のすべては保険診療で行うことができるのです。もちろん前歯も保険診療で行うことができます。だたし、保険診療の治療は機能の改善を目的としています。一方、自費診療では審美性や安全性の高い治療が行うことができます。

進行段階
症状
治療法
C0
【ごく初期の虫歯】
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。
適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

進行段階
症状
治療法
C1
【エナメル質の虫歯】
エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。
虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

進行段階
症状
治療法
C2
【象牙質の虫歯】
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。
虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

進行段階
症状
治療法
C3
【神経まで達した虫歯】
神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。
神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

進行段階
症状
治療法
C4
【歯根まで達した虫歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。
多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

1.保険診療で行うことができる虫歯の治療法
1-1.小さな虫歯をプラスチックで詰めるコンポジットレジンの治療
治療法
• 歯の虫歯をすべて取り除きます
• 隣の歯とくっつかないようにして、プラスチックを詰めます
• 光をあてて、硬くします
• 噛み合わせを調整して磨きます
コンポジットレジンは柔らかい樹脂で光を当てると固まる材料なので、入り口が小さく中で広がっている虫歯も大きく削らずに、虫歯だけを取り歯の部分を残して詰めることができます。また、保険診療ででき、色も白いため、安くきれいな治療法です。ただし、プラスチックのため数年すると黄色く変色してきます。

 
 

1-2.小さな虫歯に銀歯を詰める治療

治療法
• 虫歯を取って銀歯が入る形に歯を削って整えます
• 歯型を取り、仮の詰め物をします
• 後日、銀歯を調整し、セメントで付けます
奥歯の歯と歯の間にできた虫歯に、歯を削って型を取り、銀歯を詰める治療法です。機能的には問題はなく保険治療でできます。劣化が起こりやすいため数年すると歯と金属の間から虫歯になりやすくなります。
1-3.奥歯に銀歯を被せる治療
治療法

• 虫歯を取って金属が被る形に歯を削って整えます
• 歯型を取ります
• 後日、銀歯を調整し、セメントで付けます
銀歯は保険診療内ででき、機能的には問題なく噛むことができます。ただし、金属の成分が歯や歯茎に浸透し、周りが黒くなりやすいです。
1-4.小臼歯に白い硬化プラスチック(ハイブリットレジン冠)を被せる治療
治療法
• 虫歯を取ってハイブリットレジン冠が被る形に歯を削って整えます
• 歯型を取ります
• 後日、冠を調整し、セメントで付けます
以前は自費診療だったハイブリットレジン冠が保険導入されました。保険で認められているのは小臼歯のみで、白い歯を入れることができます。ただし、セラミックと違い4,5年程度経つと色が黄色くなってきますので、定期的にやり直す必要があります。
1-5.前歯に白い硬化プラスチックを張り付けた金属冠(レジン前装冠)を被せる治療

治療法
• 虫歯を取って冠が被る形に歯を削って整えます
• 歯型を取ります
• 後日、冠を調整し、セメントで付けます
保険診療で行う前歯の被せものは、金属冠の表面にプラスチックを張り付けた被せものです。機能的には問題がありません。時間の経過とともにプラスチックの変色と、金属の漏れ出しによって歯茎が黒くなることがあります。
1-6.神経が無い歯を補強するプラスチックの土台の治療
治療法
• 虫歯を全部取ります
• プラスチックの土台を盛り上げます
• 光をあてて、硬くします
• 形を整え、被せる治療を行います
神経が無い歯は歯が割れるのを防ぐために土台で補強する必要があります。周りの歯がある程度残っていれば形を整え、プラスチックの土台を作ります。その後、被せる治療を行います。
コアのページへ
1-7.神経がない歯を補強する金属の土台の治療
治療法
• 虫歯を全部取ります
• 金属の土台が入る形に整えます
• 歯型を取ります
• 後日、土台をセメントで付け、被せる治療を行います
神経が無い歯で残っている歯の部分がほとんどない場合、金属の土台を入れる必要があります。金属の土台を入れた後は、被せる治療をしていきます。金属の土台はお口の中で劣化しやすく、歯茎が黒くなることがあります。
コアのページへ
1-8.虫歯が深く歯の神経を抜く治療
治療法
• 麻酔をし、神経を抜く治療をします
• 治療後痛みが出る場合があるので、痛み止めが処方されます
• 根の中を何回か消毒します
• 根の中に薬を詰めて、細菌が入り込まないようにします
虫歯が深くなり、強い痛みが出てきた場合には神経を抜く治療が必要です。根の先に膿の袋ができてやり直すことも多い治療です。成功させる重要なポイントは、ラバーダムをして根の中に細菌を感染させないようにすること、拡大鏡を使用して神経の取り残しをしないこと、緊密に薬で閉鎖することです。
根っこのちりょうのページへ
1-9.虫歯で歯を抜く治療
治療法
• 麻酔をし、歯を抜きます
• 傷口を糸で縫い、傷口を小さくします
• 翌日、止血を確認します
• 翌週、糸を取ります
虫歯が進行しすぎると、歯を抜く治療が必要です。抜歯後はブリッジや入れ歯、インプラントで周りの歯がずれてこないように、噛み合わせを改善する必要があります。
1-10.抜いた後銀歯のブリッジを入れる治療

治療法
• 歯がない部分の前後の歯をブリッジが入る形に削る
• 歯型を取る
• ブリッジを調整して、セメントで付ける
ブリッジは歯のない部分の前後の歯を削って、金属を3本つなげて被せます。違和感の少ない治療法です。ただし、土台となる歯を大きく削る必要があります。
1-11.抜いた後入れ歯を入れる治療
治療法
• 歯がない前後の歯を入れ歯のフックがかかるように削る
• 歯型を取る
• 入れ歯を調整して、入れる
入れ歯は前後の歯にフックをかけて、自分で取り外しをして使うものです。前後の歯を削る量は少ないので、歯には優しい治療です。硬いものは噛むことができず、3割程度の物しか噛むことしかできません。

入れ歯のページへ
2.自費診療の虫歯の治療法と治療
2-1.小さい虫歯をセラミックで治す治療費
• 麻酔をし、セラミックが入る形に歯を削ります
• 機械で削りだし、歯を作ります 
• 接着剤で付け、噛み合わせを調整します
セラミック治療は審美性、安全性、機能性に優れた治療法です。セラミックの材料が劣化しないために長期間使用することができます。

 セラミッククラウン   
2-2.セラミックでかぶせ物をする治療

歯をセラミックが入る形に削り、仮歯を作ります
• 歯の写真を撮り、3次元化します
• 機械で削りだし、歯を作ります
• 後日、接着剤で付け、噛み合わせを調整します
セラミック治療は色の変化がないため長期間、きれいな状態が続きます。汚れも付きにくいために虫歯や歯周病にもかかりにくくなります。
2-3.セラミックのブリッジの治療費

歯が無い部分の前後の歯をブリッジが入る形に削り、仮歯を作ります
• 歯型を取ります
• 後日、ブリッジを調整し、接着剤で付けます
ジルコニアという材料を使うことによって、金属を使わずにセラミックのブリッジができます。汚れも付きにくく、見た目にもきれいです。
2-4.インプラントの治療費

•  歯がない部分の骨にインプラントを入れます
• インプラントと骨が固まるのを待ちます
• 歯型を取り、インプラントの上に土台と冠を付けます
インプラントは歯がなくなった骨に人工の歯根を入れることです。残っている歯の負担を軽減でき、周りの歯を残すためにはいい治療法です。ただし、骨粗鬆症や重度の糖尿病の方は出来ない場合もあります。

日髙歯科