保険診療で使用されている金属

せっかく歯の治療するのであれば、ギラギラ光る銀歯ではなく白い綺麗な歯にしたいと思ったことはございませんか?ですが白い歯のほとんどは保険が効かず、費用も高くなりがちなので、結局は保険の銀歯を選択したご経験をされた方も少なくないはずです。

また、以前治療したにもかかわらず歯科医師に、銀歯の周りが黒ずんでまた虫歯になってきていると指摘されたご経験はございませんか?それは保険で使用している金属のせいかもしれません。

 

保険で認められている金属なので、安全性に問題はない」とは限りません。

当院では金属アレルギーや2次う蝕(詰め物やかぶせ物の隙間からなるムシ歯)の観点から、保険適用の金属はあまりお勧めしておりません。今回は保険診療で使用されている金属についてご説明します。

 

歯科金属アレルギーと2次う蝕

歯科金属アレルギーとは歯科治療で使用されている金属(銀の詰め物やかぶせ物)がアレルギーの原因となり、お口の中や全身に異常な反応を起こすことです。金属は水分のあるところで金属イオンという小さな物質となって溶け出しています金属腐食)。

金属アレルギーの発生機序を考えるときには、金属がアレルギーを引き起こすというよりは、金属イオンがアレルギーを引き起こす、ということを理解する必要があります。

人体と接触している金属イオンは、人体のタンパク質と結合します。タンパク質と結合した金属イオンは、人体にとってnon-selfのタンパク質と認識されます。人体はときとしてnon-selfのタンパク質を異物とみなし拒絶反応を起こすことがあります。つまり、金属は腐食し金属イオンになることによってアレルギーを起こすようになります。生体がアクセサリーなどの装身具から生活環境由来の金属イオンを取り込み,さらに口腔内の金属から溶出した金属イオンがこれに上乗せされ,有効濃度となって感作や臨床症状が誘起される場合も多いようです。ですので花粉症のように、ある日突然、金属アレルギーとなることもあります。

水分と酸の存在は金属腐食を加速させる要因の一つです。お口の中は、金属を非常に腐食させやすい環境なのです。(図1)腐食が進めば歯と金属の隙間から徐々に侵攻する2次う蝕になるリスクも非常に高くなります。(図2)

酸性

≪図1 ↑食事後の経時的な口腔内のpH値の変化を測定したものです。≫

二次カリ

≪図2 ↑金属の隙間からムシ歯が生じた状態です≫

保険で使われている主な金属は金銀パラジウム合金銀合金です。これらの金属は合金のため、いろいろな金属が含まれています。そのため数年年経つと錆びてしまい金属イオンが多く出てしまいます。また、歯や歯茎に溶け出して黒くなってきたりもします。パラジウムは保険金属の主役ですが、リンパ球幼若化テストという金属アレルギー検査では、約半数の人に陽性反応が出ます。

金銀パラジウム合金」に含まれる成分は金12%、銀46%、パラジウム20%、銅20%・ そして小量の銅・錫・亜鉛などを含んでおり、これら重金属を含む金属は、口の中で腐食します。

医療先進国ドイツでは、保健省が歯科業界に対して、「幼児及び妊婦に、銅を含有するパラジウム合金と、水銀・銀アマルガム合金を使用しない」という勧告を行ないました。

 

歯科金属アレルギーの症状

お口の中に入っている金属に接触している頬や舌が赤くなったり、白くなったりして炎症が起こります。すぐに症状が出る場合もあれば時間がたってから出る場合もあります。また、金属が直接接している口腔内ではなく、そこから離れた遠隔の皮膚に現れることが圧倒的に多いです。特に手や足の甲に水泡状の皮膚炎が出ることがあります。症状は何となくおかしいなという程度のの軽い方から、アトピー性皮膚炎のように全身に出てしまい重症の方までいます。

以上の事より、健康のことを考えると、当院では保険で使用されている金属はあまりお勧め致しません。治療方法や治療に用いる歯科材料は日々進歩しています。保険で認められている材料はごく一部の材料です。言い換えれば、保険診療で使用できる材料は限られています。ですので、現状では残念ながら保険治療は必ずしも本当に歯や体にとって最良の治療・材料という訳ではございません。修復・補綴治療(歯の形態を復元したり、人工の歯で補う治療)に限定して言えば最低限の機能回復を目的にした治療でしかありません。

健康に関わることですので、安易に保険治療を選択するのではなく、いま一度ドクターの説明に耳を傾けてみてください。当院は決して保険診療を否定している訳でなければ、営利目的で自由(保険外)診療を勧めているわけではございません。保険診療で十分な治療は保険治療をお勧めします。これからも皆様の健康にとって本当に有益な情報と治療をご提供していきたいと考えております。気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

日髙歯科