日本歯科医師会より 国民の皆様へ

国民の皆様へ

現在コロナウィルス感染拡大の状況を踏まえ、
歯科医療機関には、緊急性が少なく延期しても問題がない治療、定期健診、
訪問診療などの延期の検討をお願いしています。

また治療の延期の際には、対面せず電話などでご指導させていただくこと
があります。
ご理解とご協力をお願いいたします。

一方。治療の緊急性については、痛みや腫れなどを放置すると
重症化や全身への影響を及ぼすことがあります。
歯周病などの定期管理も全身状態に関係し、
高齢者や特に在宅や介護施設での口腔衛生状態の低下などで
誤嚥性肺炎などが生じることが懸念されます。

このように処置の緊急性は患者さんの状態により様々ですので、
まずはかかりつけ歯科医にご相談ください。

不規則な食生活を避け、口の中を清潔にして細菌の数を減らすことが、
誤嚥性肺炎やウイルス性疾患の予防につながります。
毎食後の歯磨きをはじめお口の健康を保ちましょう。

歯科医師、スタッフにとって感染リスクが高いとされる歯科医療現場ですが、
これまで歯科治療を通じて患者さんの感染の報告はありません。
更に感染予防策を徹底し、国民の皆様の健康を守るために取り組んでいきます。

公益社団法人 日本歯科医師会