【新型コロナウィルス緊急事態宣言に伴う歯科診療について】

この度、4月8日に施行された新型コロナウィルス「緊急事態宣言」により、日本歯科医師会および厚生労働省より全国の歯科診療所に診療制限および 院内感染予防の強化が要請されました。

この件に関し、当院では新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、本要請にしっかりと応えることと致しました。

当院では開院以来すべての患者様において感染予防対策を講じており、安心安全な医療を提供出来る様に日々努めておりました。

 

今までの感染予防対策も踏まえ今後当院が感染予防として行うことは以下のとおりです。

〔基本方針〕

□緊急性を要する処置(歯痛や歯周病・入れ歯の調整など)を最優先とし、緊急性のない処置(定期健診やフッ素塗布など)の延期の検討 ⇒ 3密の緩和対策

□院内スタッフすべての健康管理

□医院予防環境の整備強化 ⇒ 感染物への対応

 

〔具体的対応〕

①治療に使用した器具は滅菌処理を行い、完全に細菌やウイルスが無くなった状態の物を使用する。

②紙コップ、紙エプロンは使用毎に破棄し、新しい物と交換する。

③使用した診察台は専用の消毒液などを用い、清掃を行う。

滅菌出来ない機器に関しても、同様に清掃を行う。

④治療に携わる歯科医師、歯科衛生士、歯科助手はマスク、グローブ、ゴーグルを着用する。グローブは使用毎に破棄する。

⑤パーテーションのある診察スペースですので隣からの飛沫やプライバシーを保護しています。また当院は全ての診療台にお口から飛散した唾液や水を吸引する口腔外吸引装置を設置しています。われわれスタッフも自らの感染予防に十分に注意しています。

⑥受診時にコロナ対策問診票で感染リスクのスクリーニングを実施しております。

⑦待合室、治療室共にこまめに換気を行う様にしています。

⑧手すりやドアノブは消毒液でこまめに清掃しております。

⑨入口にて消毒用アルコールでの手指消毒をご協力頂いております。

⑩スタッフは日頃から手洗い、うがいを徹底し、体調管理に努める。毎日の健康チェックを行い、不調があれば休む様に務めます。またスタッフの通勤に伴う感染リスクを軽減するため、ご予約状況に応じた最小限のスタッフで対応しております。治療のご予約状況に応じ診療時間の短縮も行います。

⑪今後、待合室などで患者様同士が密にならないように、予約枠を減少し対応いたします。一時的に次回予約が取得しずらくなるかもしれませんが、何卒ご理解いただきたく思います。

(患者様の体調に係るお願い)

 

来院される患者様へ

 

患者様におきましては感染拡大防止の観点より以下の症状がある方は、来院する前に「帰国者、接触者相談センター」にご連絡をお願いしております。

①風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている

②強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

③風邪の症状や37.5℃以上の発熱やせき・息切れがあり、14日以内に新型コロナウイルス感染症の流行地域から帰国した方

④風邪の症状や37.5℃以上の発熱やせき・息切れがあり、新型コロナウイルス感染症の患者様と濃厚な接触があった方

発熱が微熱であったり、症状が軽度の場合であっても、万が一の感染に考慮いたしまして、来院をお控え頂きます様、お願いいたします。

その際、次回のご予約に関しては、出来るだけ早く対応出来る様に務めてまいります。

ご不便をおかけしまして大変申し訳ございませんが、なにとぞご協力の程よろしくお願い致します。

 

皆さまが、新型コロナウィルス感染に不安を感じている日々の中、日高歯科のスタッフは皆さまにこれからも安心して歯科医療を受けていただけるよう、院内感染予防の徹底に取り組んでまいります。

何卒ご理解ご協力のほど、宜しくお願い致します。

 

令和2年4月9日

日高歯科 HIDAKA DENTAL

院長 日高 利彦